おでかけ(宮城県) おでかけ(山形県) 旅行

夏でも涼しい!御釜・釣り堀・温泉!蔵王満喫ドライブ旅!

こんにちはkパパです!

みなさんは夏の旅行は決まりましたか!?

今年は最速の早さで梅雨明けしてしまったということで、夏バテが心配ですね😅

少しでも涼しいところを求めて……今回は宮城・山形にまたがる蔵王山ドライブを紹介します!


日帰りもいいけど、一泊がおすすめなコース!

今回のコースはこちら!



エコーラインを蔵王山を越え、山形蔵王で遊んで帰ってきます。

蔵王御釜まで片道1時間半なので、日帰りの場合は少し早めのスタートしましょう。

御釜の先の山形県には蔵王温泉やかみのやま温泉もあるので、のんびり一泊旅行もおすすめです!

1.宮城の涼スポット!てゆーか寒いぞ御釜!上着を忘れずに!


宮城といえば!という感じで頻繁に登場する蔵王御釜。

でも行ったことあるという人は意外と少ないかもしれませんね。

暑くてどこにも行きたくない……そんなときこそおすすめしたい蔵王御釜です!

アクセス

仙台からは遠刈田温泉を経由し、エコーラインを通って御釜へと行きます。仙台からは車で約1時間30分です。

エコーラインに入ると山頂までお店はないので、遠刈田温泉で一度休憩を挟むのが良いと思います。


料金

エコーラインは通行無料ですが、御釜の直前からは「蔵王ハイライン」という有料道路になります。

料金は普通車で550円です。

車を降りるとひんやり!強風注意・上着は必須!

蔵王ハイラインの通行料を払ったら、あとは車で5分もかからずに山頂の駐車場に到着です。


kpapa
宮交バス・山交バス、山頂まで路線バスが来るなんてさすが御釜ですね!


 

この日は仙台も山形も最高35度のとんでもない暑さだったのですが、蔵王山頂は着いた時は20度ぐらい。

車を降りた瞬間ひんやりです。

天気はよかったのですが、山頂だからか、台風並みの暴風!

ひんやりとした風が身体に叩きつけられるような感じで、みるみる身体が冷え切っていくのがわかりました😅

駐車場からすぐそこ!簡単に山頂へアクセス

駐車場から御釜はすぐそこです!


kpapa
山頂まで車で来れちゃうなんて、すごいなぁとしみじみ


駐車場からは少し登って降りるような地形になっているので、すぐには御釜が見えないところがワクワクさせます。

山頂らしくゴツゴツとした道を進んで見えてたのがこの景色です!


青空と地上の緑、そして火山口である御釜の力強さのコントラスト。

まさに大自然を感じることができる素晴らしい眺めです!


写真やテレビでは何度も見たことがある景色ですが、実際に自分の目で見るのは迫力がひと味もふた味も違います!

何も考えずいつまでも見ていたい!そんな気持ちにさせてくれる感動の眺めです。

身体が冷えたら売店で温かいメニューを!

いつまでも見ていたい……という気持ちとは裏腹に暴風が身体の体温を奪っていく過酷な環境です

ある程度写真を撮ったらレストハウスへ避難ですw


身体が冷えた私たちを、売店は温かいメニューで迎えてくれます


失礼ながら、「山頂だから高いんだろうな…」なんて思ったら意外にもわりと普通のお値段で、逆に財布のヒモが緩んでしまいますw

焼きおにぎり 150円

玉こんにゃく 150円

フランクフルト 250円

豚まん 400円

など

冷えた身体にホクホクの玉こんにゃくが染み渡ります! 夏にこんな体験をするのも変な感じでおもしろいですw


ちなみに今回は売店での軽食にしましたが、2階にはレストランもあります。


御釜で食べる「釜カツ丼」! こちらもユニークですね!

感想

御釜は仙台から1時間30分とちょっと遠いですが、車を降りてすぐ山頂という場所は日本を探してもなかなか無いでしょう!

地上が灼熱の猛暑の中で大自然のひんやりを味わえる、宮城県民ならぜひとも一度は体験しておくべき素晴らしいスポットだと思いました!

kpapa
上着1枚はぜひ持っていってください



 

 

2.広々!スキー場の釣り堀! 釣った魚をその場で食べる!

御釜でも十分素晴らしい体験ができるのですが、エコーラインを山形側へ降りてくるとちょうどよい寄り道スポットがあるので紹介します!


蔵王猿倉スキー場の夏営業です!

アクセス

蔵王猿倉スキー場はエコーライン沿いにあります。御釜からはおよそ25分ほで到着です。


広々としたスキー場に登場する「釣り堀」

スキー場の夏営業はいろいろなところで開催されていますが、蔵王猿倉スキー場では「ニジマスの釣り堀」が登場します!


スキー場ということでとても広々! 御釜ほどではないですが、地上よりは涼しいので心地よく過ごすことができます。

料金

スキー場への入場は無料。

釣り堀を体験する場合は以下のお値段となります。

つり竿使用料 1本 100円(エサ付き)

釣り上げた魚は買い取りとなります。

ニジマス代 100gあたり220円

目安として5匹ほどで1kg2200円となるようです。

釣れる人はすぐに釣れるけど……

バケツと釣り竿、エサをもらってスタート!

実は我が家はみんな釣りの経験はありません😅


「どうやるのこれ?」

とりあえず針にエサをくっつけて池へ投入してみますが、エサだけ持っていかれてさっぱり引っかかりません……w

他のお客さんは投入したら数秒で釣り上げるぐらい、あれよあれよと釣り上げていきますが、ウチはさっぱりw

でも、10分ほど何度か試行錯誤をしているうちに、我が家でも釣ることができました!(最初は妻でしたw)


魚の口にひっかかった釣り針を取るのも一苦労でした😅

でも、取れないときは親切なスタッフの方が代わりに取ってくれました🙏

釣れるようになってくると楽しくなってくるのですが、釣った分だけお金がかかってしまいますから、4匹だけにしておきましたw

 

釣った魚をその場で食べられる!

猿倉スキー場釣り堀の魅力は、「釣った魚をその場で調理してくれる」!

加工料はかかりますが、安価ですし楽ちんなので、私たちのようなアウトドア経験のないファミリーにはとても助かるサービスです!

塩焼き 100円

でんがく 150円

刺身 200円

 

塩焼きとでんがく


お刺身


kpapa
とれたてなので新鮮!自分で獲ったからこそおいしい!

ボール遊びや遊具もあります

釣り堀だけでなく、ブランコやボールも用意されていたので、子どもたちは大満足です


素敵なツリーハウスや、木製のブランコもありました。


 

感想

我が家にとっては釣り堀初体験でした!

開放的な景色、噴水もあって涼しいという素晴らしいロケーション、元気で親切なスタッフさん、おいしいお魚!ということでとても楽しむことができました。

ニジマス4匹、加工料、釣り代をあわせても2500円程度で、仙台の釣り堀よりもはるかにリーズナブルというのもうれしい!

エコーライン越えする時の定番立ち寄りスポットにしたいです!


 

蔵王猿倉スキー場のウェブサイトはこちら

蔵王猿倉レストハウス

※5月から7月初旬までは土日祝のみの営業

 

3.高原の爽やかな風を切る!蔵王スーパースライダー

続いてもまた、夏山らしい楽しみ方ができるスポットを紹介します!

蔵王スーパースライダーです!

アクセス

蔵王温泉街のちょっと上の方、蔵王スカイケーブル上の台駅を目印として、もう少し奥へ入ったところにあります。

さきほどの蔵王猿倉スキー場からは車で20分ほどです。


料金


リフト+スライダー

大人 600円

子供 450円

スタート地点へはリフトでラクラク

チケットを購入したら、リフトを使ってスライダーのスタート地点へと向かいます


実はkパパは高いところは苦手で、スキー場のリフトは初めて乗りました😅

夏用のリフトは低めに調整されていて、それほど高くなかったので大丈夫でしたw

夏の高原を駆け下りる!

リフトで上に登ると、眼下に山形の街が見える爽快な眺めです!


 


スタート地点でスタッフさんからスライダーの乗り方を教えてもらってスタート!
ヤッホー!と声を出したくなるような眺めと、爽やかな高原の風が気持ちいいです!


コースターはとてもシンプルなものですが、蔵王の大自然でのコースターはまた一味違いますね!


 

公式情報はこちら

蔵王温泉観光会社ウェブサイト

 

4.蔵王に来たらやっぱり温泉!新左衛門の湯

たっぷり遊んだ後のシメは、温泉で疲れを癒やしましょう!

アクセス

新左衛門の湯は蔵王温泉街の真ん中、蔵王中央ロープウェイの駅の前にあります。


料金


大人 800円

子供 400円

幼児 200円

ゆったりとした空間で癒やされる!

温泉なので撮影できないので、施設の前にあった看板の写真を使って紹介します。

新左衛門の湯、気になるのは温泉県である山形としてはちょっと高めの入浴料でしょうか。大人800円となっています。

蔵王温泉街には他にも日帰り温泉があり、それらと比べても割高ですが、でも人気があります。


館内はとても清潔感のあるキレイな施設。

そして露天風呂は広々としていて、植樹もされており落ち着いた雰囲気となっています。

露天風呂はビリビリくる熱めのお湯と、白く濁ったぬるめのお湯の2種類、さらにユニークな瓶のお風呂もあります。

湯加減も雰囲気もとても心地よく、1時間ぐらいのんびりしていられるとても素敵な日帰り温泉でした。

(18:00閉館とちょっと早めなので注意)

新左衛門の湯公式ウェブサイトはこちら

新左衛門の湯ウェブサイト

 

 

思い切って一泊しちゃおう!

宮城と山形、蔵王山を挟んでそれぞれの魅力を大満喫のドライブコースを紹介しました。

でも正直、今回はボリュームたっぷりですよね😅

蔵王温泉は全国の中でも人気の泉質の温泉! 

せっかくなら泊まっていくのもおすすめですよ!

楽天トラベルでSALE企画「こども人数×1000ポイント還元」開催中!(7/31まで)

 

kpapa
ちなみに我が家は日帰り温泉の後、蔵王のペンションに泊まりました!


私たちが宿泊したお宿については次回の記事で紹介したいと思いますのでお楽しみに!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kpapa

【子どもが思いっきり遊べる公園をたくさん知っています!】 仙台に住んでいる2児のパパ。休日は家族でおでかけ! 宮城・山形・福島、いろんなところに行きます!

-おでかけ(宮城県), おでかけ(山形県), 旅行

© 2017 kパパの仙台おでかけ Powered by AFFINGER5