食事(大手チェーン) トレンド

破竹の勢いで急拡大の「餃子の雪松」が仙台にもオープン!

こんにちは!kパパです!

最近、冷凍餃子を無人販売で話題の「餃子の雪松」が日本全国で急拡大していますね!

その店舗の急拡大っぷりはまさに破竹の勢い。

テレビやwebで話題だけど、実際どうなの?と思う方も多いと思うので、kパパも早速チェックしてみました!

 

餃子の雪松 仙台南光台店

仙台市泉区南光台7-4-1

餃子の雪松南光台店
新しくキレイなお店です!

 

アクセス

餃子の雪松仙台南光台店は、地下鉄旭ヶ丘駅から南光台方面へ車で5分ほど走ったところにあります。

駐車場はありません



 

餃子の雪松
 

ツルハドラッグの隣、ほっともっとの向かい側の大きな「生餃子直売所」の看板が目印です。

 

 

宮城県でも多数オープン!

餃子の雪松は最近になって宮城県にたくさんの店舗がオープンしました。

みなさんのご近所にもあるかもしれません。

 

仙台南光台店 仙台市泉区南光台7-4-1

白石店 白石市大平森合字森合沖23

大河原店 柴田郡大河原町字広表37-4

名取店 名取市増田8-1-23

大崎店 大崎市古川駅前大通1-5-8

石巻店 石巻市恵み野6-5-15

登米店 登米市迫町佐沼字江合2-1-2

栗原店 栗原市築館伊豆4-1-33

 

 

無人販売で話題お店!

餃子の販売所なので、シンプルに冷凍のショーケースがあるのみです。

餃子の冷凍ケース
商品も、「36個入り餃子」のみとなっています。

 

 

お値段はシンプルに1000円

代金を入れる箱
お値段はシンプルに1000円です。

お賽銭箱のような箱に投入しておしまいです。

 

なお、両替機はないので、事前に準備していきましょう。

 

レジ袋
レジ袋は無料サービスでした。

 

餃子のタレは別料金

餃子にはたれが入っていませんので、必要なら合わせて購入する必要があります。

しかし……

タレを入れているケース
餃子はたくさん販売しているのに、タレは売り切れでした😂

購入する場合は200円となります。

 

保冷バック

冷凍食品なので、長時間の持ち歩き用に保冷バックが用意してあります。1袋100円です。

保冷バック
 

ちなみに小さい保冷剤は2個まで無料です。

 

 

購入した餃子
1セット購入しました!

 

 

気になる添加物は?

気になる原材料名の表示はこちらです。

原材料表示
 

 

調理は焼くだけカンタン!

冷凍餃子
冷凍餃子は、1パック18個入りが2パックセットになっての販売です。

 

餃子を焼いている様子
買ったその日に早速食べてみました!

でも冷凍なので、食材がない時用にストックしておいても良いですね。

 

 

餃子の焼き方
焼き方は普通です。冷凍のまま焼くだけ!

 

フライパンを加熱した後、

餃子を並べ、

熱湯をかけてから

フタをして蒸し焼きにします。

 

実際に食べてみた!

出来上がった餃子
餃子を見るとお酒が飲みたくなりますね!😋

 

出来上がった餃子
冷凍餃子は焼くだけですから、忙しい時に便利ですよね。

 

 

ニンニクが強めの味わい!

餃子
餃子を食べて見ると、

結構ニンニク感が強めの味わいでした!

 

kpapa
ニンニクが強いので子供たちは大丈夫かな?

と思いましたが、我が家の子供たちはパクパク9個食べちゃいました!


 

具材のボリュームは控え目な感じですかね。

それほど肉感はなかったです。

 

ニンニク感は強いですが、翌日に胃もたれとかニオイが残る感じはなかったですね!

 

 

餃子の雪松の公式ウェブサイトはこちら

餃子の雪松ウェブサイト

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kpapa

【子どもが思いっきり遊べる公園をたくさん知っています!】 仙台に住んでいる2児のパパ。休日は家族でおでかけ! 宮城・山形・福島、いろんなところに行きます!

-食事(大手チェーン), トレンド

© 2017 kパパの仙台おでかけ Powered by AFFINGER5